女人禁制

女人禁制(にょにんきんせい)とは、ある一定の場所における女性の侵入を禁止するルール。しばしば仏教の概念として扱われることが多いが、厳密な仏教にはこのルールは存在しないが、性欲を悪しき煩悩とする教え、また女性を不浄のものとする考えは古来より存在している。さらに日本に流入して以降、神道における「血は穢れ」という考え、修験道の「性欲を刺激する女性は修行の妨げとなる」という考え、山岳信仰における女性を守るルールなどが複雑に混ざり合い、結果的に女人禁制の地が生まれたとされている。女人禁制の祭りなどは江戸時代に広く浸透したとされ、これには男尊女卑的な価値観が根ざしている。その一方「山の神は女神であり、女人が立ち入ればその嫉妬を買う」という理由、また「女性は神聖で霊を憑依させやすい」といった理由で女人禁制にされた場所もあることから、一概に女性蔑視と断ずることはできない文化である。

「女人禁制」に関連するキーワード

関連するキーワードはありません。

キーワード一覧へ

女人禁制のQ&A

1件中1-1

  1. サニーママさん
    解決済

    女人禁制の山やお祭りの由来って?

    どうして女人禁制の山やお祭りがあるんですか?「女性は汚いから入っちゃいけない」というのは本当ですか?これは女性差別の名残なんでしょうか・・・。誰か「女人禁制」について教えてください。よろしくおねがいします。

    質問者:サニーママさん / 質問日時:

    スピリチュアル » その他

« 前へ

  1. 1

次へ »


Page Top