狐憑き

狐憑きとは、キツネの霊に取り憑かれたことで起こるとされる病のこと。また、その取り憑かれた人のこと。昔から狐憑きには男性よりも女性の方が多いと言われている。典型的な症状として、キツネのような行動を取るなど、普段の本人なら考えられないような言動に出ることが挙げられる。狐憑きの状態が続くと病の末に命を落とすとされ、祈祷師に祈祷をお願いしたり、霊能者に霊を成仏させてもらう必要がある。

「狐憑き」に関連するキーワード

関連するキーワードはありません。

キーワード一覧へ

狐憑きのQ&A

1件中1-1

  1. こたろうさん
    解決済

    狐憑きの家系だったらどうすればいいですか?

    東京在住のサラリーマンです。私の実家は山深い田舎にあるのですが、この前帰省した時に親戚一同が集まり皆で食事を取っていたところ、父の兄弟で私の叔父にあたる人が酒の勢いで「だけどウチは狐憑きだからなぁ~」と言ったのです。一瞬でその場がシ~ンと静まり返りました。その後は何事もなかったかのように別の話題になり狐憑きの話について一切触れてはいけない空気でした。後日両親にも聞いてみたんですか「あれは叔父さんの…

    質問者:こたろうさん / 質問日時:

    スピリチュアル » 呪い・祟り

« 前へ

  1. 1

次へ »


Page Top