三種の神器

三種の神器(さんしゅのじんぎ)とは、皇位継承のしるしとして、歴代の天皇が受け継ぐ、三種の宝、八咫鏡(やたのかがみ)、草薙剣(くさなぎのつるぎ)、八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)のこと。または、日本神話に登場する神・天照大神(あまてらすおおみかみ)が、その孫である瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)に授けたという鏡・玉・剣(八咫鏡、八尺瓊勾玉、草薙剣)のこと。「みくさのかむだから」と読む場合もある。

「三種の神器」に関連するキーワード

関連するキーワードはありません。

キーワード一覧へ

三種の神器のQ&A

1件中1-1

  1. みさってぃさん
    解決済

    三種の神器は見たら祟りで死ぬんですか?

    日本には三種の神器がありますよね。(草薙剣・八咫鏡・八尺瓊勾玉)「実物を見てはいけない、見たら死ぬ」ってどこかで読んだことがあるんですけど・・・それは本当なんでしょうか?実際に見て死んだ人はいるんですか?

    質問者:みさってぃさん / 質問日時:

    スピリチュアル » 呪い・祟り

« 前へ

  1. 1

次へ »


Page Top