八尺瓊勾玉

八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)とは、八咫鏡(やたのかがみ)、草薙剣(くさなぎのつるぎ)とともに三種の神器(さんしゅのじんぎ)の一つ。日本神話の中で、弟の素戔嗚尊(すさのおのみこと)の粗暴な振る舞いに怒って岩戸に隠れた天照大神(あまてらすおおみかみ)を呼び戻すため、祭具にかけて飾ったと言われている。

「八尺瓊勾玉」に関連するキーワード

関連するキーワードはありません。

キーワード一覧へ

八尺瓊勾玉のQ&A

1件中1-1

  1. みさってぃさん
    解決済

    三種の神器は見たら祟りで死ぬんですか?

    日本には三種の神器がありますよね。(草薙剣・八咫鏡・八尺瓊勾玉)「実物を見てはいけない、見たら死ぬ」ってどこかで読んだことがあるんですけど・・・それは本当なんでしょうか?実際に見て死んだ人はいるんですか?

    質問者:みさってぃさん / 質問日時:

    スピリチュアル » 呪い・祟り

« 前へ

  1. 1

次へ »


Page Top