筮竹

筮竹(ぜいちく)とは、易占いに使う50本の竹製の棒のこと。筮(めどき)とも呼ぶ。易占いを職業とする易者(えきしゃ)が使いやすいように、上の部分は太く、下の部分は細いつくりとなっている。印などは入っておらず、完全に無地である。

「筮竹」に関連するキーワード

関連するキーワードはありません。

キーワード一覧へ

筮竹のQ&A

1件中1-1

  1. 雫子さん
    解決済

    占い師が手に持っている長い棒の束は何なの?

    占い師が、よく何十本もの細い棒を持っているのを見かけますよね。実物の占い師では少ない気がしますが、イラストや写真の占い師が持っているのをよく見かけます。うまく説明できないのですが、何十本もの棒を束にして、両手で束ねて持ってジャラジャラとしている感じです。棒の長さと太さは、ゆでる前のスパゲッティくらいです。スパゲッティよりもちょっと太そうです。棒の色や質感は、黒や枯竹色の菜箸みたいな感じです。あの棒…

    質問者:雫子さん / 質問日時:

    占い » 様々な占い

« 前へ

  1. 1

次へ »


Page Top