草薙剣

草薙剣(くさなぎのつるぎ)とは、三種の神器(さんしゅのじんぎ)の一つ。第12代景行天皇(けいこうてんのう)の皇子である日本武尊(やまとたける)が、東方の敵を征伐する際に、この剣で草をなぎ払って危険を逃れたことから、「草薙剣」と呼ばれるようになった。天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)ともいう。

「草薙剣」に関連するキーワード

関連するキーワードはありません。

キーワード一覧へ

草薙剣のQ&A

1件中1-1

  1. みさってぃさん
    解決済

    三種の神器は見たら祟りで死ぬんですか?

    日本には三種の神器がありますよね。(草薙剣・八咫鏡・八尺瓊勾玉)「実物を見てはいけない、見たら死ぬ」ってどこかで読んだことがあるんですけど・・・それは本当なんでしょうか?実際に見て死んだ人はいるんですか?

    質問者:みさってぃさん / 質問日時:

    スピリチュアル » 呪い・祟り

« 前へ

  1. 1

次へ »


Page Top