輪廻転生

輪廻転生(りんねてんせい/りんねてんしょう)とは“輪廻”と“転生”という単語を合わせた言い方。輪廻の思想には転生が含まれており、また転生の思想には輪廻を前提とすることから、ふたつは区別されず、「輪廻転生」と言われる。「人は死んだ後に次の存在へと生まれ変わる」という考え方である。インドで生まれた思想であり、現地では「サンサーラ」と呼ばれる。次の生でどのような存在・境遇に生まれ変わるかは前の生での行動にかかっており、生を跨いで引き継がれるものを「業(カルマ)」と呼ぶ。この輪廻の輪は原則的に苦しみの世界であり、そこから抜け出すことを「解脱」と呼び、ヒンドゥー教・仏教共にこの解脱を最終到達地点としている。西洋においても転生に近い概念はあるが、例えばキリストが処刑後に蘇った逸話は「復活」、また人間が罪を許され霊的に生まれ変わることは「新生」と呼ぶ。これらはあくまで輪廻転生とは異なる思想である。

「輪廻転生」に関連するキーワード

輪廻転生のQ&A

1件中1-1

  1. ウルトラソウルさん
    解決済

    ソウルメイトとツインソウルってなにが違うの?

    ソウルメイトって言葉は聞いたことがあったんですが、この前雑誌でツインソウルって言葉も初めて知りました。ソウルメイトとツインソウルって似ていますけど、いったいなにが違うのですか????

    質問者:ウルトラソウルさん / 質問日時:

    スピリチュアル » ソウルメイト

« 前へ

  1. 1

次へ »


Page Top