テーブルターニング

テーブルターニングとは、卓上において行う占い儀式の総称。降霊術・交霊術の一種。大まかな様式としては、独自の様式に則って記された紙やシートを卓上に展開し、それを数人で取り囲み、手をかざし、卓上において起こる反応を観測することで占う形が主流となる。日本における「こっくりさん」もこのテーブルターニングである。元々はヨーロッパを起源とし、15世紀には既に行われていたが、19世紀後半になると心霊主義に端を発するオカルトブームが起こり、その流行に乗ったパーカー・ブラザーズ社が「ウィジャボード」を発売。爆発的に普及した。日本に流入したのはその直前頃で、1884年に伊豆半島沖に漂着したアメリカの船員が、当時アメリカで流行っていたテーブルターニングを地元の住民に教えたものが最初と言われている。

「テーブルターニング」に関連するキーワード

関連するキーワードはありません。

キーワード一覧へ

テーブルターニングのQ&A

1件中1-1

  1. まほこっちさん
    解決済

    コックリさんって占い師ですか?

    友達に誘われてコックリさんをやりました。一番早く好きな人と両想いになれるのは誰?など占ってもらいました。でも私はいまひとつコックリさんがわからなくて。そもそもコックリさんって何ですか?占い師、霊能者、それとも幽霊?

    質問者:まほこっちさん / 質問日時:

    スピリチュアル » おまじない・護符

« 前へ

  1. 1

次へ »


Page Top