ルーン文字

ルーン文字はゲルマン人がかつて用いていた古代文字。「ルーン」という名称は東ゲルマン語群のゴート語における「秘密」を意味する「runa」から取られているとされる。紀元1世紀頃に成立したとされ、その後いくつかの類型が作られた。かつての北欧では日常的に用いられ、木片や石などにナイフで刻む形で使用されていたが、その形状、また北欧という土地の神秘性が後に取りざたされ、呪術、儀式、装飾品のデザイン等に使用されるようになった。また古代ゲルマン人が行ったとされる占いには当然このルーン文字が使用されており、このルーン文字による占いも一部の占術愛好家達によって行われ続けている。

「ルーン文字」に関連するキーワード

ルーン文字のQ&A

1件中1-1

  1. レペゼンさん
    解決済

    ルーン占いにおける「ティール」が持つ意味とは?

    私は以前から、「ハリー・ポッター」シリーズや、映画『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズの原作者でもあるJ・R・R・トールキンの小説をよく読みます。要するに、北欧を舞台にした魔法小説やファンタジー、神話のようなものが好きなのですが、久しぶりに会った友人にその話をすると、「じゃあ、ルーン占いとかやってみたら?」と言われました。ちなみにその友人によると、私は3月1日生まれなので、守護ルーンは「ティール」…

    質問者:レペゼンさん / 質問日時:

    占い » 様々な占い

« 前へ

  1. 1

次へ »


Page Top