死に水

死に水とは、人生の最期、もしくは死の直後にその人間の口に含ませる水のこと。末期(まつご)の水とも言う。通常は、割りばしなどの先にガーゼや脱脂綿を付けてそれを水に含ませ、唇を湿す。関西など、地域によっては脱脂綿ではなくシキミの葉を使うところもある。死に水はその場にいる人間全員が、配偶者、親族、知人・友人の順番で行なっていく。「死に水を取る」という慣用句は、死の最後まで世話をする意にも言う。

「死に水」に関連するキーワード

関連するキーワードはありません。

キーワード一覧へ

死に水のQ&A

1件中1-1

  1. りさママさん
    解決済

    不浄霊はどうして水辺に集まるの?

    「不浄霊は水辺に集まる」ってよく言うじゃないですか。怪談話とかでも、池や沼、用水路、海みたいな場所で危険な霊に遭遇するお話がよくありますよね。あとお年寄りの方が「お盆には水辺に近付くな」ってよく言いますよね。よくない霊はどうして水辺に集まるのでしょうか?水辺にはよくない霊を寄せる何かがあるのでしょうか?

    質問者:りさママさん / 質問日時:

    スピリチュアル » 霊・霊現象・霊障

« 前へ

  1. 1

次へ »


Page Top