穴守稲荷神社

穴守稲荷神社(あなもりいなりじんじゃ)とは、東京都大田区にある神社のこと。祭神は豊受姫命(とようけびめ)。江戸時代後期の1808年ごろ、現在の羽田空港の場所にあたる鈴木新田(すずきしんでん)を開発する際、激しい波の被害を防ぐために、稲荷神(いなりのかみ)を祀ったのが由来とされている。1945年、羽田空港拡張のために、門前の赤鳥居を除いて現在の場所へ移された。その後、1999年になってようやく赤鳥居も当地へ移設された。

「穴守稲荷神社」に関連するキーワード

穴守稲荷神社のQ&A

1件中1-1

  1. なっちゃんさん
    解決済

    羽田空港の鳥居の「いわく」ってなんですか

    「昔、羽田空港にいわく付きの鳥居があった」と聞きました。撤去しようとするたびに祟りに遭った、みたいな話です。どなたか羽田空港の鳥居について詳しく知っている方いますか?具体的にどこにあったのかとか、その鳥居のいわくとは何なのかとか興味があります。よろしくお願いします!

    質問者:なっちゃんさん / 質問日時:

    スピリチュアル » 呪い・祟り

« 前へ

  1. 1

次へ »


Page Top