ESPカード

ESPカード(いーえすぴーかーど)とは、ESPの能力テストの際に用いられるカードの名称。「ゼナー・カード」とも呼ばれる。1930年代に心理学者のカール・ゼナーが作成したカードが元となっている。カードの裏面には丸・十字・波・四角・星といった図形が描かれており、表面からはどのカードにどの図形が描かれているか分からないようになっている。このカードを表面にした状態で伏せ、それをテーブル等に並べ、裏面の図形を言い当てることで、超能力の有無を判定する。元々カール・ゼナーはトランプのカードを用いて超能力を判定していたが、統計的に分析が複雑になってしまうとのことで、この五種類の図形のみを描いたESPカードを作成したという。ESPカードはその後の超能力ブームで普及し、超能力のトレーニングをする際にも用いられるようになった。

「ESPカード」に関連するキーワード

キーワード一覧へ

ESPカードのQ&A

1件中1-1

  1. もりりんさん
    解決済

    訓練すれば透視できるようになりますか?

    透視に興味が今あります。困っている人を助けてあげられれば、自分の力が役に立てばと考えています。以前、トランプのカードを使って自己流でトレーニングをしたことはあります。トランプの絵が見えないように裏にして配置して、それを何のカードか当てるというものです。そのときはあまり当たらなかったような覚えがあり、たぶん20枚中9枚くらいしか当たらなかったと思います。最近になって透視に対する関心が高まってきたので…

    質問者:もりりんさん / 質問日時:

    スピリチュアル » 霊能力・霊感

« 前へ

  1. 1

次へ »


Page Top